【おすすめなろう小説】歴史に残る悪女になるぞ【レビュー】

なろう系

こんにちは。

以前読んでた作品がしばらく更新止まって、また一つお気に入り作品がエタってしまったか……

と黄昏ていたところ最近復活したのでこの機会に紹介&レビューしたいと思います。

まあ、ほとんど忘れているのでうろ覚えですが漫画版読んだらうっすら思い出したから多分いける!

というわけで今日ご紹介するのはこちら

歴史に残る悪女になるぞ 悪役令嬢になるほど王子の溺愛は加速するようです! (ビーズログ文庫)
ad



内容紹介

歴史に残る悪女になるぞ」は「大木戸 いずみ」氏著の悪役令嬢転生もの

イラストは「早瀬ジュン」氏。

まずは公式あらすじ

正統派ヒロインにありがちな“いい子ちゃん発言”。
それが大ッ嫌いな私が、念願かなって悪役令嬢に転生!!
誰にも文句を言わせない悪女になるためには、体を鍛えて猛勉強し、魔法の腕も磨かないとね!
――と頑張っただけなのに、悪役になろうとすればするほど周囲の好感度が上がるようで!? 
いいわ、悪女としてその期待、全力で裏切ってみせます!

というけで数多ある悪役令嬢ものの一つです。

悪役令嬢ものは基本伝統的乙女ゲームをベースにしてるので下地は大体同じ(RPGっぽい世界=ドラクエみたいなもん)。

絶対的な主人公に、親友もしくはラスボスの原作ヒロイン、クール王子、脳筋、知的メガネ、などの定番なキャラを好きなように配置して楽しむレゴみたいなものだと思ってます。

そんないろいろなパターンが見れる悪役令嬢もの、今作は一体どんなものなのかというと。

破滅回避のためにいい子になる、とかではなく、自ら最高の悪役令嬢になるために頑張る、というパターン。

じゃあ悪事を働いて国を亡ぼすのか、と思いきやそうではない。

主人公は前世とってもいい子ちゃんだったので悪事なんて頭になく、

ただ悪役令嬢の気高さや生き様、孤高のカッコよさが好きであり、

お花畑なヒロインに対し、ただ一人正論を持って立ち向かった悪役令嬢に憧れたある意味お花畑な女の子。

そんな超カッコいい憧れの悪役令嬢に転生したからには、理想の悪役令嬢になるべく勉強に剣に魔法にと万能のヒロインに負けないようにと努力をします。

謎の超ハイスペックな体により人並以上の知能と剣と魔法を極めた上に家柄も性格も良くなった主人公アリシア。

そんな彼女に原作の攻略対象キャラが惹かれないはずなく…

あーそういう逆ハーレムパターンね、と思いきや

アリシアと攻略対象キャラたちは年が離れているうえにすでに学園でヒロインと会って篭絡済み(王子以外)。

ヒロイン聖女認定されて、国の重要なポジションに収まり、
謎の魅了の魔法により国の重鎮の息子たちを信者にし、
そのお花畑過ぎる思考で理想の国を作ろうとしています。

王様や大臣たちはまともなのでこの聖女とゆかいな仲間たちに大困り。

そこを悪役令嬢の主人公が敵役として正論で論破し、
洗脳済みの男どもの目を覚まさせて、
ついでにヒロインに現実を突きつけまともな思考に矯正しよう、というお話。

悪役令嬢アリシアはそのチート性能を持ってポンポンと強くなり、切れ味鋭い政策や意見でグイグイ改革を進めていくのはテンポ良く読めます、

が、メインであるヒロインとの対決シーンはちょいくどい。

お花畑で理想主義者で頑固なヒロインをヒールを演じながら正論を何度もぶつけながら矯正しくのですが、

その間取り巻きたちが「なんてひどいことをいうんだ!」とか「この悪魔!」とかののしってきます。

主人公は悪役令嬢になりたいので内心喜んでますが、読んでる方はちょい辛い。

ヒロインを引きずり下ろすのではなく、まともな人間に育てることが目標なのでスッキリとしたざまぁもないので自然に貯まるヒロインへのヘイト……

まあこの辺は後日上手い事解消されることを祈りましょう、まだ中盤?なので。

書籍版には「悪役令嬢になるほど王子の溺愛は加速するようです!」とサブタイトル付いてますが、うーん…まあ間違ってはいないが…

主人公は王子がいくらアプローチしても最終的にはヒロインを選ぶんでしょ的な思考なのでめちゃそっけない。

恋愛的な要素はかなりヤキモキします、主人公超絶鈍感な上に恋愛興味ないので。

王子が一人頑張ってる間に着実に逆ハーレムを築きつつあるのはマジ不憫。

とくに2章からは……

とまあ、恋愛よりも悪役令嬢無双やお花畑聖女を論破するのが好きな人におススメです。

キャラクター所感

アリシア 主人公 転生したら大好きなゲームの大好きな悪役令嬢だった件。自己研鑽と悪役令嬢ムーブが大好き。しかし悪役令嬢の気高さとかカッコよさばかりに目が行っていて肝心の「悪役」の部分を忘れている。その圧倒的なスペックで颯爽と人を救っていくのでヒーローと化している。

デューク 王子 チートなアリシアよりチートな王子。最初からアリシアを意識していてヒロインの誘惑にも耐えていたが、原作ではヒロインと結ばれるのでアリシアには完全に意識されていないかわいそうな人。とても有能なので主人公とくっついても文句はない、がライバルが沢山生えてくる、頑張ってほしい。

ジル スラムの少年 貧民村という治安最悪のスラムで死にそうになっていた少年。アリシアに助けられて以来忠誠を誓っている。非常に頭が良いがアリシア以外に懐かないので他の貴族にたいしても生意気な態度なのでハラハラする。だれか礼儀を教えてあげてほしい。

ウィルおじさん 先生 貧民村の謎のおじさん。目が見えないしボロボロだが謎の気品がある。知識が豊富なのでアリシアはこっそり貧民村に足を運んで教えを受けていた。

キャザー・リズ 原作主人公 全ての魔法を使える規格外の平民。魔法至上主義の国なので聖女として特別扱いを受けている。意識的か無意識か魅了魔法で周囲の人間を虜にしている。それだけならまだいいが聖女として国政にもかかわっているから困る。物凄い理想論者で博愛主義、周りの国とか陰謀とか度外視でお花畑外交をしようとしているので危険。ヒロインの暴走を止められるのは悪役だけだ!はやくざまぁしてくれ!

取り巻きの男ども 脳筋、知的、ショタ、一通りそろってるリズの信者という名の原作の攻略対象キャラ。その中にアリシアの兄が三人もいる。

歴史に残る悪女になるぞ

そんなわけで紹介してきました「歴史に残る悪女になるぞ」

現在2巻まで発売中

歴史に残る悪女になるぞ 2 悪役令嬢になるほど王子の溺愛は加速するようです!【電子特典付き】 (ビーズログ文庫)

コミカライズもされています。

歴史に残る悪女になるぞ 悪役令嬢になるほど王子の溺愛は加速するようです! 1 (B’s-LOG COMICS)

というわけで今回はこの辺で。

ではまたノシ

コメント

タイトルとURLをコピーしました