【おすすめなろう小説】聖女の魔力は万能です【レビュー】

なろう系

こんにちは。

来季のアニメのラインナップ見てたら
いつかここで取り上げようと思っていたなろう作品を発見。

え、もう放送すんの?時間経つの早すぎヤバ…光陰矢の如し……

と戦慄したので満を持して(忘れてただけ)ここで紹介します。

というわけで今日ご紹介するのはこちら

聖女の魔力は万能です (カドカワBOOKS)

ad




内容紹介

聖女の魔力は万能です」は「橘 由華」氏著の異世界召喚恋愛?もの

イラストは「珠梨 やすゆき」氏。

まずは公式あらすじ

20代半ばのOL、セイは異世界に召喚され……「こんなん聖女じゃない」と放置プレイされた!? 仕方なく研究所で働き始めたものの、常識外れの魔力で無双するセイにどんどん“お願い事”が舞い込んできて……?

短いのでWeb版のあらすじも転載

二十代のOL、小鳥遊 聖は【聖女召喚の儀】により異世界に召喚された。
だがしかし、彼女は【聖女】とは認識されなかった。
召喚された部屋に現れた第一王子は、聖と一緒に召喚された、もう一人の少女のみを連れて部屋を後にしたのだ。

置いて行かれた形となった聖はキレた。
とっとと、この国から出よう。
そう決心した。
だが、現実はシビアである。
結局、彼女は王宮内に留まることにした。

ただし、【聖女】とは名乗らず、【一般人】として。

王道の異世界召喚ものを女性向けにした聖女召喚もの。

いきなり召喚されて国を救う聖女だとおだてられ、イケメンの王子や宰相の息子、騎士団長の息子などのお約束のメンツを相手に世界そっちのけで逆ハーレム!と思ったら

その聖女とは偶然一緒に召喚された女子高生のこと、自分はよくわからないおまけだった。

一目見てJKこそが聖女だと王子が口説きだして放置される主人公、困惑する家臣たち。

冷遇されるかと思いきや流石に悪いと思ったのか意外と好待遇で迎えられる主人公セイ

タダ飯喰らいはあかんと趣味の植物研究でもさせてくださいと働き始める元OL。

ところがセイの作るポーションや料理に異常な効果があることがわかり……あれ?聖女なのはこっちなんじゃね?

というお話。

乙女ゲーのテンプレをこなすJK聖女の裏でマイペースにチートして「私、なんかやっちゃいました?」をする。

ステータスが見れる、スキル制、などところどころ男向けのチート転生ものの要素がありつつも内容は完全に女性向けになっています。

花とゆめとかコバルト文庫とかあんな感じ、つまり最高。

登場人物だいたい良い人でギスギスとかない

真の聖女が主人公であることから、じゃあもう一人のJKは何なのよとなりますよね。

こういう話は結構あります。

聖女候補が二人いて片方は実は偽物というパターン。

そのほとんどが、実は偽物は物凄い傲慢で悪い奴であり、最終的にはラスボスか中ボスで壮絶なざまぁの末に退場します。

じゃあこの作品もそうなのかというと全然違い、めっちゃけなげないい子です。

訳の分からないうちにまんま乙女ゲー空間に放り込まれて誰にも相談できず流されて行きます。

かわいそ過ぎて主人公助けてあげて!となりますがアホ王子のブロックで接触できないので非常にヤキモキ。

基本恋愛メインなので主人公はいろんなヒーロー候補と交流をもつわけですが、男視点から見ると、男どもはいいから頼むからJKちゃんのこと思い出してあげて!となったり、

あとJKサイドは完全に乙女ゲーなので悪役令嬢ポジションの子もいるのですが、この子もまあ良いキャラ。

総じて女の子キャラがとても魅力的でぜひキャッキャウフフして頂きたいところですが読者層は完全に女性向け。

いろんなイケメンたちがひっきりなしに現れモーションをかけてきます(まあ本命は早い段階で決まっていますが)。

敵も国とかではなくモンスターなので人間同士のギスギスとかもなく安心。

今日も平和な国で趣味の薬草研究と料理をして優しい人達に囲まれてスローライフを送ってます。

もっとその力活用して?

女性向けにありがちなんですが、

主人公チート能力もってるのにめちゃくちゃ受け身で消極的なんですよね。

聖女だって国が危機に瀕してるから召喚したのであってわりと世界ピンチ。

なのに主人公はチートを自覚してもポーション作ったり料理作ったり、まあ確かに効果は凄いけど。

魔物退治に遠征に行った騎士団相手に大活躍だけど。

その気になれば周囲一帯の魔物を一瞬で消し去ることが出来るのにしない、
騎士団派遣についていけばいいのにしない、
積極的に能力解析したりしないし、目立たないように引っ込んだりします。

個人的にこういうの苦手なんですよねぇ…

とんでもチートを設定したならもっとこうバーンといかないと!とか思っちゃう僕男の子。

守られ系主人公なんだからもっとチートは控えめでいいんじゃないかと思ったりしますが、

決めるところはしっかり決めてくれるのでまあいっかといったところ。

それにこの物語、魔物とかスキルとかはエッセンスでメインはキャラの交流や恋愛なので。

そういうところがまさに花とゆめ。

スキルとかステータスのせいでつい普通のチート冒険ものと同じように考えてしまう、頭切り替えていきましょう。

キャラクター所感

https://m.media-amazon.com/images/I/512pfgn7CpL.jpg

小鳥遊 聖 主人公 召喚された20台。ハーブとかアロマとか好きで料理も得意な女子力高めなOL。植物研究所で働くことに。チートすぎる力を持っているが謎が多く使いこなせない。

美園 愛良 聖女候補 主人公同時に召喚され見た目で聖女にされた巻き込まれ系女子。なぜか乙女ゲーのテンプレのようなイベントを次々と起こす。故郷の味が恋しい。良い子

アルベルト・ホーク 団長さん 第三騎士団団長。主人公の相手役。氷の騎士とか言われてるがセイの前ではデレデレ、当然イケメン。ヒーロー役の宿命としてしょっちゅう出てくる、暇なのか?

ヨハン・ヴォルデック 所長さん 薬用植物研究所の所長。上司。胡散臭い。団長と仲がよく、よくからかってくる。

ジュード 同僚 研究所の平研究員、同僚。よく話しかけてくる。

ユーリ・ドレヴェス 師団長さん 宮廷魔道師団長。国最強の魔法使いで魔法バカ。セイの師匠。聖女の魔力に興味津々。

エリザベス 友人 良いところのお嬢様。セイと仲良くしてくれる。愛良パートで悪役令嬢のような役回りをされた。良い子。

聖女の魔力は万能です

そんなわけで紹介してきました「聖女の魔力は万能です」

現在6巻まで好評発売中

聖女の魔力は万能です 6 (カドカワBOOKS)

漫画版もかなり人気。

聖女の魔力は万能です 5 (FLOS COMIC)

てゆか漫画版の出来良い

この4月からアニメが始まるという事で。

女性向けなろうははめふらに続いて2作目?本好きってどうなんだろう。

いずれも男向けに比べてクオリティが高いのでこの作品も期待大?

と安心できないのがなろうアニメ。

さてどうなることやら……

というわけで今回はこの辺で。

ではまたノシ

タイトルとURLをコピーしました