名作すぎる同人RPG 5選

同人ゲーム

こんにちは。

前回の続き!

納刀少女サヤ

納刀少女サヤ ~クール系陸女 異世界の宿場町に放り込まれる~

シナリオSSS エ○S ゲーム性A

「■■■□□ NOWLOADING」の作品

あらすじ

…納刀術士。

己の肉体を使用し“粘膜接触”をする事で、対象に様々なプラス効果を与えるスキル『納刀』を備えたレア職業。
各国のパワーバランスを崩しかねない、その行き過ぎた能力ゆえ術士達は共通して不幸な結末を迎える事が多かった。

欲望に塗れた者達にさらわれ“使われる”者。
富裕層の間で不当な人身売買をされる者。
または管理され、金儲けの為に売女として生きる者……。

そんな経緯もあり……納刀術士とは人の欲望を刺激し狂わす、悪魔の職業とも云われていた――…。

異世界の宿場町に放り込まれた陸上女子の『緋室 さやか』。
納刀術士として生きていかねばならぬ状況に追い込まれた彼女は
己の肉体を使い“施術”で日銭を稼ぐ、淫靡な生活へと身を堕とすのだった…。

異世界転移した女の子がお約束の転生特典もらったと思ったらとんでもないドスケベジョブだった件。

みたいななろう的作品。

ありふれた普通のエ○RPGかと思いきや徐々に超展開に入り、最後は大きく盛り上がり、超熱いラストからのスッキリ大団円、思わず涙が……

という絵のクセが強いためあまり注目されてないが、
シナリオが非常に面白い作品。

お話や演出にかなりの情熱を感じます。

エ○もパッと見絵がアレなのでちゅうちょしてしまいますが、
やってみるとダイナミックな構図や演出、テキストの力でかなり高クオリティ。

終わった後の爽快感が素晴らしすぎる作品。

他の過去作も同様に、ありふれた序盤からの超展開、
息もつかせぬジェットコースターのようなシナリオでかなり面白い、
でも今一知名度低いという知る人ぞ知るサークルです。

このサークル知ってる人はかなりの同人RPG通です。

是非やってみてほしい。

・過去作

ひらだん ~アイドル会長比良坂透 ダンジョンに放り込まれる~

NTR3Dダンジョンもの。

一緒にいた幼馴染と引き離され、見知らぬ男とわけのわからないエロトラップだらけのダンジョンに放り込まれた女の子の話。

NTRものの絶望感、ヒロインを救おうとあがく主人公、ダンジョンの秘密、とかもりもりでエ○エ○の涙なしには見られないストーリー、くっそ面白い。

勇者様は俺の嫁っ!

将来は勇者の嫁になりたい、と思ってる女の子が冒険する話。

一見普通のRPGだが話が二転三転して、最後はタイトルの真の意味が明かされ大盛り上がりの大団円、
めちゃくちゃ熱いストーリーに、絵はあれだけどかなり実用的なエ○。

くっそ面白い。

淫魔領リリム・ユニオン

淫魔領リリム・ユニオン

シナリオS エ○S ゲーム性A

「月の水企画」の作品

あらすじ

淫魔の国へ向かって行方知れずとなった先輩(♀)を探すため、
新米冒険者の主人公は相棒アイリスと共に淫魔領リリム・ユニオンを訪れた。

しかし、ひょんなことからアイリスは淫魔に呪いをかけられてしまう。
アイリスの呪いを解き、そして先輩を見つけるため、新米冒険者の淫魔領探索行が始まった——

基本女だけの百合、いやレズ作品。

女同士なのでエ○は薄いか思いきや、この世界、女同士とか普通で生やすのも普通の事、

そして触手に襲われるのも普通のことというぶっ飛んだ世界なので意外とエ○い。

まあそれはそれとして、

シナリオがとても面白い。

シナリオというかキャラが非常に良くできていて、魅力的なキャラが沢山出てきてワチャワチャするのがとても楽しい。

ただ過去作全てつながってる上に、未来の作品に向けて伏線張ったりするので、真に楽しみたいなら全部の作品をプレイする必要がある。

しかし大丈夫、全部面白いから!(全部やれ)

まあ一作一作かなり遊べるしエ○イベントも盛りだくさん、やり込みもたくさんで結構時間かかるわけですが、
既存ファンでも過去作のキャラとか出てきても思い出せないことが多いので、いっそまとめてやってこの世界にどっぷり浸かれる新規ファンは幸せだと言える。

このリリム・ユニオンは単体の完成度も高く、過去作からの出張も控えめ、むしろ未来作の前提が多数なので一番おすすめ。

過去作

レディナイト・サーガ ~女騎士と竜物語~

これが全ての基準になっていて、これに出てくる20人以上の仲間が後々の作品に関わってくるので、
最低限やっておくべき、なんですが、

作品一作目のいうこともあり、少々拙い部分があるので、最近のツクール作品に慣れていると結構きつい。

苗床デモンズグラウンド ~奈落の孕姫~

このサークルの作品は普通の「エ○RPG系」とダンジョンで仲間を集める「やり込みダンジョン系」とで大別できます。

ダンジョン系はかなり遊べるのでモンスター集めるの好きならおすすめ、ただし触手ばっか。

XVI ~塔の町のリズ~

XVI ~塔の町のリズ~

シナリオA エ○SSS ゲーム性A

全同人RPG好きに愛される「クリメニア」の作品

あらすじ

魔法使いの少女リズは、師匠であるアイシャとともに
マジック・アイテム回収の旅に出ました。

順調に回収指示にあったマジック・アイテムを入手していく二人でしたが、
マジック・アイテムの『闇の魔導書』を持つ男を取り逃してしまいます。

男が逃げ込んだのは塔の町ブラーマッハ。治安の悪い町です。
アイシャはリズを残して単独で乗り込み、責任を感じたリズは協会に戻れという
師匠の言葉を無視してそのあとを追うのでした……。

町探索型のRPG、治安が悪いのであの手この手で染められてしまいます。

ここのサークルはエ○への探求心がとにかく半端ない。

定番も押さえつつ独自のイベントをこれでもかと詰め込んでいくスタイル。

絵もかわいいしテキストも上手く、コンスタントに新作を提供してくれる(最近は止まってる)ので界隈では結構なカリスマサークル。

正直どの作品も高クオリティでおすすめできますが、まあとっつきやすいのはリズかな、と。

salvation1.07

これもかなりおすすめ。

もんむす・くえすと! ぱらどっくす

もんむす・くえすと! ぱらどっくすRPG前章

シナリオSSS エ○B ゲーム性SSS

サークル「とろとろレジスタンス」の作品

これは紹介せねばなるまい。

遊べるノベルゲームとして発売されたもんむす・くえすと!

もんむす・くえすと!前章 ~負ければ妖女に犯される~

長大なシナリオにもかかわらず、クオリティそのまま前・中・終章と出し、やっと終わったと思いきや、今度はRPGとして前・中・終章(終章はまだ出てない)を出すという暴挙。

ここはショタ主人公がモンスター娘に(性的に)食われるというニッチなジャンルに加え、
そのニッチな趣味の同好の士が多数集まって作ってるため、絵の当たりはずれが大きく、
正直ぼくには全然刺さらないのですが、

それを差し引いて圧倒的にプラスにするほどシナリオが面白い。

勇者として魔王討伐の冒険に出るという王道展開からの、
いきなり魔王と遭遇。
魔王に気に入られ、魔王に鍛えられながら何かが起こった魔王城へと冒険だ、というある意味よくある話ですが、そこからの先の読めない展開といったら。

もうワクワクしっぱなしですよ。

コンプリートのために道中のモンスターに一々敗北するのが面倒なくらい。

で、様々な出来事を乗り越えてめでたく世界を救ったのですが、世界に深刻なバグが発生、

そしてRPGのパラドックスに至る、というわけで、

RPGはノベルゲーをやってること前提のシナリオなので、
RPGをやるためにまずはめっちゃ長い無印3部作をクリアする必要があります。

長いノベルゲーを終え、これまた長いRPGをプレイするんですが、なんとRPGは最初に2人のヒロインのどちらかを選ぶことに。

それによってシナリオや仲間になるモンスターが変わるので2週は必須。

今から追いつくのはかなりキツイ……!

ただこのシナリオはかなり神がかっているし、ゲーム部分もかなり面白い。

やり込み要素が半端なく、膨大な仲間キャラにもかかわらず、それぞれ職業を自由に設定でき、種族も進化できたり、好感度あったり、すべての敵からパンツ盗めたり……

是非プレイしてほしいが何週間も吹き飛ぶとこと必定なので、一気にやるのではなく、少しずつ消化していくのをおすすめ(我慢できれば)。

シナリオはマジで面白いんで。

ちなみに各三部作はコンバートでつなげることができるので、
やるならまとめて買ってコンバートするとスムーズかつ自然に次の章に移れるのでおすすめ。

葉露

葉露

シナリオSS エ○SS ゲーム性SSS

サークル「ぽに犬」の作品。

RPGじゃなくて二角取りというパズルゲームなんですが、

この作品、ゲームがとても面白く異常な中毒性があり時間があっという間に過ぎていきます。

エ○も二角取りをクリアしたらご褒美に見れるというものではなく、

エ○=二角取りなので飽きることが無い、という非常に優れたゲーム。

これだけでもゲームとして十分面白いですが

個人的にこのサークルの最も素晴らしいところはそのシナリオと絵。

界隈では珍しい北欧民話をベースにしているんですよね、作者いわく幻想絵本

北欧民話と言えば、しょっちゅう神と契約したり、死者がよく蘇ったり、竜の血を引いた英雄が神と戦ったり、妖精が出てきたりととにかくとってもファンタジー。

絵もとても幻想的でそういうのが好きなぼく的には神のようなサークルなんですよね。

北欧のこの寒くてあったかい感じ、好きすぎてやばい、北欧に住みたい。

それでいてドエ○い、マジでドエ○い、すごい。

ただまあ、かなーり特徴的な文体に加え、洋書にありがちな意味不明さも再現してるので、
慣れないと「なんやこのシナリオ……」となる可能性高い。

序盤はぼんやりしてるけど、最後はわかりやすくボスが出てハッピーエンドなので、一回最後まで読んで再度読むといろいろ意味が解って鳥肌立つタイプの話。

Way”

この葉露も素晴らしいが次作のWay”もめちゃ素晴らしい。

こっちは花札。

サークル一作目のWayの続編、話は繋がってないけどキャラは繋がってる。

花札より二角取りの方が簡単なのでこっちを紹介しましたが、
シナリオのクオリティとしてはWay”の方が上。

でもこのクセのありすぎる世界観を理解するには、葉露からやった方がなじみやすい感じ。

ちなみに作者のぽに犬氏、

小説家になろうで小説書いてます。

見つけたときは狂喜乱舞して喜んだぼくですが、なろうではあんまり読まれてないようで…なぜだ……。

まあ独特の文体そのままでふんわりファンタジーの転生とか俗っぽい要素入れつつも、ガチ感すごい北欧ファンタジー要素も入ってるので、新規のなろう読者には合わなかったんだろうなぁとは思いますが。

開き直ってガチの幻想絵本的小説書いて欲しいなぁ、現行作品エタってるけど。

白踊り子オーセンエンデ姫はLV1固定です

かなり寄せてきてるけどなろうとはやっぱどこかカラーが違う感ある。

この人マジ応援してます(`・ω・´)

名作すぎる同人RPG

そんなわけでお送りしてきました。

とりあえず絶対やっとけレベルのRPGは紹介できたかな?

面白いのはまだまだあるのでまたいつか。

次はおすすめ同人アクションRPGかおすすめ同人動画作品で書きたいと思います。

というわけで今回はこの辺で

ではまたノシ

他シリーズ

コメント

タイトルとURLをコピーしました