面白すぎる同人アクションRPG 6選

同人ゲーム

※18歳未満閲覧禁止

こんにちは。

最近個人的おすすめ同人RPGを紹介したので、
今回はその流れで同人アクションRPG(ARPG)、を紹介します。

まあ戦闘方法が違うだけでほぼRPGと一緒なんですが、
アクションRPGはそのアクション性に力を入れてるためか、ゲーム性重視というか、
RPGほどシナリオが良いと言えるものが少ないんですよね。

普通のRPGの戦闘はツクールのデフォでもいいため、
俺のシナリオでゲーム作りたい」という情熱だけでなんとかなるため、
他の技術がなくてもいい分、シナリオ特化のとんでもない神ゲーが出たりするもんですが、

アクションRPGを作る人は「面白いゲームを作りたい」というのが根底にあるので、
シナリオは二の次、とにかくやってて楽しいゲームに全力、みたいな人が多いイメージ。

もちろん小器用な人達なので、シナリオも並み以上には面白いけども、特化した天才ほどではないというか。

とにかくシナリオ重視する人にはそうでもないが、
遊べるゲームとしての面白さはその辺のRPGを軽く凌駕するのがこのジャンル。

ゲームは遊んでなんぼという人はアクションRPG、おススメです(なお当たりは少ない)。

というわけで長くなりましたが、これ買っとけばおKというのを6本紹介します。

NeverMoreEnd EverMoreEmpty

NeverMoreEnd EverMoreEmpty

シナリオA エ○SS ゲーム性A

サークル「大人の道楽」作

あらすじ

その少女は見知らぬ森の中で目覚めた。
何故か手に持っていた武器をたずさえて
「どこか」を目指し歩き始める…。

好奇心旺盛な主人公、田舎娘リゼがフラリと旅する
アクションエロRPGです。

舞台は創世神を信仰するフリュイ王国。
最近少し魔物が活発だったりしないでもないけど
わざわざ戦ったりしない平和な芸術の国で
メインクエストを律儀に追ったり脇道に逸れたり
買い食いしたり酒場で踊ったり歌ったり演奏したり
絵のモデルになったり痴漢されたり売り子になったり
壁にハマったり各地でセクハラを受けつつも
そこそこ自由にまるっと大陸1つを跳ねまわります。

アクションRPGの大家、聖剣伝説をリスペクトしまくったゲーム。

いろいろなところが聖剣伝説レジェンドオブ○ナ。

といっても雰囲気やマップを自由に配置などだけであって、
肝心の戦闘はさすがに真似るのは無理なので、わりと簡易なアクション、
他は頑張ってる。

元ネタ同様全然しゃべらない無口系主人公ですが、
エ○はドットアニメや肉感的な絵柄、ト書き、シチュエーションなどが非常にうまく、
かなりエ○い。

しゃべらない分、嫌がったりしないのでビッチ感ある。

シナリオはしゃべらないうえに、元ネタっぽく流されるだけですが、
世界観の設定とか作り込みが細かく、なかなか面白い。

このサークルは過去作も面白いやつは非常に面白いが、全ておススメかっていうとそうでもないので何個かピックアップしておきます(たまにBLゲー混ぜてくるので油断できない)。

サクラコマトリックスRPG

衝撃の一作目、めちゃくちゃ面白くてハマった。

無口系主人公が触手と戯れるゲーム、ドットアニメも雰囲気も素晴らしかった。

チェリークライシス!

サガシリーズを意識したRPG、雰囲気がとってもサガっぽい。

ただ古いしバランス悪いし次何したらいいかわからんところもサガなので、
おススメだけどあんまりおススメしない。

KNIGHTS OF THE PHANTASM

オブビリオンを意識したアクションRPG、2Dドットだけどオブビリオン感ある。

自由にいろいろしたりされたり面白かった。

ルインズシーカー

ルインズシーカー

シナリオS エ○S ゲーム性SS

サークル「ぬぷ竜の里」の作品。

あらすじ

500年以上、誰も踏破できていないダンジョン『ヘブンズラダー』に訪れた冒険者クエム。
 ダンジョンに入った直後、クエムは不意を突かれ、影に似た魔物に『呪い』をかけられてしまう……。
「この場所の――奥――待つ――来なさい――いと高き場所――待っている――」という言葉を残して消える影の魔物。
 呪いの効果は「付近の魔物と自分自身を発情させる」という、たちの悪いものだった。
 呪いを解くため、自身の夢を叶えるため、情報屋の少女バイスとタッグを組み、冒険者の少女は、未踏ダンジョンに足を踏み入れていく。
 その先に待つ己の運命も知らないまま――

非常によくできたアクションRPG。

映像も綺麗で操作もサクサク、シナリオも凝ってるし、サブイベントも楽しい。

新規武器を入手すると仲間と掛け合いが始まるので、武器コンプが楽しい。

エ○は全部Live2Dで作られていてめっちゃアニメする。

すごい、がシーンがほぼ敗北かつ異種メインなのでその点が個人的にはイマイチ。

淫乱度とかもないので、自分から進んで~とかないからかわいそう感がある。

ただアニメは凄い、凄すぎるのでS。

閃紅のアリエス

閃紅のアリエス

シナリオA エ○S ゲーム性SSS

サークル「くろと雑貨」の作品

あらすじ

駆け出し冒険者のアリエスが世界を旅する
冒険アクションRPGです。
まだ見ぬ世界を求めいろんな街を訪れ、
個性豊かな人たちと出会い、
世界にはびこる”災い”と戦っていきます。

技名がテイルズすぎるアクションRPG。

随所にテイルズをリスペクトしてるのが感じられる。

かといってゲームシステムパクッてるとかじゃなくて、テイルズを尊敬し、同じように楽しめる要素を入れようとしてる感じがする、つまり情熱が凄い。

実際遊んでみると、今までの同人ゲームはなんだったのか、というくらいアクションしていて唖然とする、マジで。

戦闘以外にも釣りに料理にダンスにとミニゲームも色々あったり……

半端ないクオリティです、なのにエラーで落ちたりしない、しゅごしゅぎます。

こんだけ細かいドット作るんだからエ○はさぞ凄いドットアニメなんやろなぁ、と思いきや普通の一枚絵にテキスト。

まあ、十分だけども意外というか……

対人メインなのも良い。

いたれりつくせり なんでもしてあげるギルドの話

過去作もドット凄い探索ゲーですが、やっぱエ○は一枚絵。結構良かった。

シュヴァリエ・ヒストリエ

シュヴァリエ・ヒストリエ

シナリオA エ○S ゲーム性A

サークル「PICOPICOSOFT」の作品。

さらわれた幼馴染の姫を助けるために頑張る少女騎士の話。

絵がひっじょーに綺麗。

それに合わせてマップも美麗。

こんなかわいらしい絵柄なのにあっちもしっかりエ○いという、
なんだか豪華ささえ感じられるゲーム。

アクション性もしっかりあり、とても操作しやすい。

ただアクションRPGならではのシナリオ、エ○のあっさり感もあるので、神RPGである前作「Rune’sPharmacy ~ティアラ島のお薬屋さん~

を期待するとちょっと物足りない感がある、

がそれは前作補正のせいであり、それさえなければ普通に良作アクションRPG。

ロールディアの翼

ロールディアの翼

シナリオA エ○SS ゲーム性A

サークル「ウォータースプーン」の作品。

無口系主人公が適当に冒険するアクションRPG。

非常に自由度の高い作品。

一応目的はあるけど、どこから行くのかは自由、

選択肢も人を助けたり助けなかったり分岐が多数。

服装もパーツごとに分かれていて好きに組み合わせられるし、髪型も髪色も変えれる。

エ○はドットアニメと立ち絵と音声で表現され、無言無個性主人公なのでテキストとか特になく、ひたすらやられる、ひたすら。

なのに非常にエ○い、テキストで読ませるタイプとは違ったエ○さを体験できる。

アクション性は微妙、必要最低限。

自由に冒険したい、やられたいって人はハマる、ファンも多い作品。

楽園魔城リピュアリア

楽園魔城リピュアリア

楽園魔城リピュアリア2

シナリオA エ○A ゲーム性SSS

サークル「幻奏黒夢館」の作品。

アクションRPGっていうよりほぼアクションゲームだけど、

とんでもなく面白い。

快適な操作性、深い探索要素、膨大なやり込み、コレクター要素……

同人アクション極まった感がある。

まあグラは荒いけど、沢山の敵キャラが出てきて、全員にドットアニメが用意されていて、しかも仲間になる。

仲間になったらそれぞれいろんなアビリティを持っていて、その組み合わせは、、、とか時間があっという間に食われる恐ろしいゲーム。

シナリオはオリジナリティあってそれなりに面白いが、2は1のシナリオ読んでないとなんのこっちゃなので困る、

当然2の方が技術が上がって面白さも上なので2をお勧めしたいのに、この恐ろしいまでに時間のかかるゲームを1からやれと言わなければならない。

うむ、1からやれ。

ちなみにエ○はそれなりにアニメするし沢山あるが、あんまエ○くない、まあアクションゲームはだいたいそうだけど。

アユラクライシス!

アユラクライシス!

シナリオB エ○SSS ゲーム性S

サークル「ダメージ床の上で」の作品。

こちらもほぼアクション。

どちゃくそエ○いアクションゲーム。

同人アクションってだいたい、通りすがりの敵に倒されて、ドットアニメでやられて、何事もなく進むって感じで、なんかあんまエ○くないんですよね。

いやアニメは凄いし、キャラもかわいいしで一回は見るよ?でもそれだけ。

主人公にあまり愛着ないし、敵もよくわからん虫とかモンスター、テキストもないし、ほぼドットアニメ見るだけ。

しかしこれは違う。

まずドットアニメのクオリティが高いのは当然として、

エ○RPG要素を取り入れている。

つまり淫乱度、開発度、そしてバットステータス。

これらの要素で主人公に物凄い愛着が沸くし、もっとエ○くしてやろうとやる気がでます。

バステもりもりで淫乱度あげまくったらもうすごいですわ、すごい。

アクションも攻撃ボタン連打するだけで滑らかにコンボが決まって気持ちいいしかなりの爽快感あります。

アイテムや成長要素もあるのでアクションが苦手でも簡単にクリアできる。

総じて素晴らしいゲームです。

エ○分野でいえばこれが最高のアクションRPGだと個人的に思ってます、マジおススメ。

面白すぎる同人アクションRPG 6選

そんなわけで紹介してきました。

アクションRPGはやっぱゲーマーとしての血を呼び起こしてくれますな。

聖剣とかイースとかさ、やっぱ楽しいわけさ、

今の3Dのアクションゲームとはやっぱ違うていうかさ……

と懐古厨のおっさんの語りが始まる前に終わります。

というわけで今回はこの辺で

ではまたノシ

他シリーズ

コメント

タイトルとURLをコピーしました