自分でSIMロック解除、MNP予約番号発行をしよう【Softbank編】

モバイル

こんにちは。

今回からしばらく格安SIMに変えたいけどよくわからんから今のままでいいや

と思ってる方向けに、格安SIM移行の引っかかりポイントを解消していく特集を組みたいと思います。

というわけで第一回はタイトルのこれ、

自分でSIMロック解除、MNP予約番号発行をしよう【Softbank編】

ってことで始めたいと思います。

auの人はこちら

DoCoMoの人はこちら

ad




SIMロック解除やMNP予約番号発行は自分でできます。

前知識とか用語解説とか格安SIMってなに?って人は以前書いた記事を参照

SIMロック解除やMNP予約番号の発行はショップに行けばやってくれます。

でもこれめちゃくちゃ気まずいんですよね、

実質解約手続きですから、

店員の対応も微妙になりお互い苦笑い……

店員「あ……どちらの会社に移行するんですか?」

僕「あ、えーと、楽天……」

店員「あ、安いですもんね、最近多くて……」

僕「あ、まぁ、ハイ……」

とかこんな会話を微妙な空気でしなければなりません(実話)

お互い地獄です。

しかし今は自分で家に居ながら手続きできます、

素晴らしい!

もっと早く対応してほしかった……

というわけでその手順を解説していこうと思います。

キャリアごとに方法違いますから、

今回はSoftbankでの操作方法にしぼります。

SIMロック解除の方法【Softbank編】

さて早速、といきたいところですが

解除には前提条件があります。

  • 2015年5月以降に発売されたロック解除可能な端末であること
  • 端末が分割払いの場合、購入から101日経ってること(一括購入だったら大丈夫)
  • ネットワーク利用制限を受けていないこと

これらが満たされていないと解除できません。

といっても気を付けるのは分割払いの場合くらいですね、

対応機種に関してはこちらから

SIMロック解除が可能な機種一覧

いろいろ書いてありますが「機種」の列だけ見ればいいです、今はだいたい対応してます。

というか2015年以前の端末は正直買い替えた方がいいです、中古で2万くらいで良いのが買えます。

それともう解約してしまった場合はMy Softbankを使う関係上、ショップでやってもらうしかないです、

そして手数料ですが、

  • 自分でSIMロック解除→無料
  • ショップで解除してもらう→3,000円

となっております。

自分でやるわ!ってなりますよね、操作5分くらいだし。

My SoftbankからSIMロック解除

さて解除やってみましょう。

事前にIMEI番号を調べます。

IMEI番号とは端末識別番号のことです。

調べ方は

  • iPhoneの場合 設定→一般→情報→IMEI
  • androidの場合 設定→端末情報→機種の状態→IMEI番号→IMEI

で確認が出来ますのでコピーなり書き写すなりしてください。

確認が出来たら本番です。

※MySoftbankのレイアウトが結構頻繁に変わるのでこの通りとは限りませんので、違っていたら「それっぽい」ものを選べばなんとかなります。

1、まずは My Softbank にアクセス。

2、携帯電話番号とパスワードを入力、パスワード忘れた方は頑張って思い出すか契約書に書いてありますので探してください。ダメなら「パスワードが分からない方はこちら」から確認してください。

3、 PCからの場合は「料金プラン/オプションの確認・変更」のタブから
SIMロック解除対象機種の手続き」をクリック。
スマホからの場合は「契約確認・変更」から「SIMロック解除対象機種の手続き」 をタップ

4、IMEI番号を入力して次へ

5、注意事項に目を通して「解除手続きをする」を選択

6、「SIMロック解除方法を見る」を選択し、その通りに操作する

これで解除完了です、簡単ですね、これで3000円て……

解除しなくも問題ないパターンもある

SIMロック解除しなくても格安SIMを使う方法もあります。

それはSoftbank回線を使っている格安SIM会社を使う、です。

格安SIM会社は大手キャリアの回線を間借りしている、まあ親と子みたいなものなので

親の回線を使っているところならロック解除する必要なく使えます。

おすすめはY!mobileですね。

ロック解除が出来ない、めんどいって人はここ選べば大丈夫です。

でも後から Y!mobileから他行きたいって思った時はショップいかないと解除できないので

今のうちに解除をおすすめします。

MNP予約番号の発行 【Softbank編】

※ガラケーのみ、スマホは電話か店頭でのみ可能

SIMロック解除が出来たら次はMNP予約番号を発行しましょう。

これを発行すれば今の携帯番号がそのまま使えるようになるので必須です。

ただ発行するとしばらく携帯使えなくなるので、

移行先を決めて準備を万端にした上で最後に行うようにしてください。

この番号発行、ネット上で出来ますが受付時間が決まってます。

Softbankは9時~20時までなので注意。

そして手数料が自分でやっても3,000円くらいかかります、

それに発行した時点で解約となるので、二年しばりとかが残ってると解約料が9,500円くらいかかります。

2019年10月以降は2年縛りとかなくなったみたいなので、最近の人は解約料がかからないようです。

契約更新3ヶ月前なら解約料はかかりませんが、

その日まで待つというのは非常に無駄なのでやめましょう。

あと一か月で無料期間だというならいいですが

3ヶ月先とかなら今すぐ格安SIMにかえた方が圧倒的に安く済むので

ここでだまされてはいけません、思い切っていきましょう。

My SoftbankからMNP予約番号発行

SIMロック解除と同じように

1、My Softbankにアクセス

2、携帯電話番号とパスワードを入力

3、「契約・オプション管理」から「MNP予約番号発行」に進みます。

4、解約するとこれくらいかかるぞと脅してくるので無視して進みます。

5、注意事項を読んで進みます、ここのメールアドレス関係はよく読んでおきましょう解約するとSoftbankのメールアドレスは使えなくなります。

6、Softbankからのお知らせを受け取るかどうか聞いてくるのでNOと答えておきましょう。

7、アンケートに適当に答えて進みます。

8、 電話番号と名前を確認して「MNP予約番号を発行する」 をクリックで完了

MNP予約番号がショートメールで送られてくるので大切に保存するなりメモしたりしましょう、MySoftbankでも確認できます。

おすすめ格安SIM会社

格安SIMへの移行準備ができたので

ここでおすすめの格安SIM会社をピックアップしました。

Y!mobile

Softbankから移行するならY!Mobileですね。

ここはSoftbankのサブキャリアというやつでSIMロック解除不要だったりと何かと関連性があります。

実店舗も増えてかなり手広くやってるのでサービスも豊富。

独自回線も選べて、そちらは間借りでないので通信が安定しています。

取りあえず大手なら安心という人は Y!Mobile にしましょう。

楽天モバイル

楽天モバイルは個人的におすすめ。

特徴はとにかく安い、そして常時楽天ポイント二倍。

通販で楽天よく使う人はここ一択です。

そして先着300万名は一年間通信料無料のキャンペーンやってます。

これがかなり強力なので今の機会を逃さない手はないでしょう。

【まとめ】SIMロック解除、MNP予約番号発行【Softbank編】

そんなわけで「自力でSIMロック解除・MNP予約番号発行 Softbank編」でした。

物凄く簡単ですね、これで店頭で気まずい会話をする必要なくなります。

ちなみに僕の携帯の月額使用料は1250円です。、

いかに大手キャリアが高いかおわかりでしょう、

大手キャリアはとにかくアホみたいに高いのでさっさと格安SIMに変えましょう。

お金がないといいつつ大手キャリア使ってるのは甘えです、というかお金持ちの人ほど格安スマホを使ってます。

移行はこの通り超簡単なので快適な格安SIMライフを送りましょう。

タイトルとURLをコピーしました