格安SIM用のスマホ本体を格安で買う方法

格安SIM用のスマホ本体を格安で買う方法 モバイル

こんにちは。

今回は格安SIMに移行したいけどスマホ本体ってどうすればいいの?

とお悩みの方への疑問に答えます。

いろいろ方法はありますが、僕がおすすめするのは

通販で買う、一括で

という方法です、吟味すれば1万円かそこらでスマホ本体を買えますよ。

では始めます。

ad




スマホ本体を購入しよう

DoCoMoなどで本体買って1,2年という方はそのまま使ってOKです。

その場合はSIMロック解除が必要なので前回の記事を読んでください。

3年以上使っていてもうボロボロ、本体も買い替えたい

でも大手キャリアは自動的に(高い)本体買わされてたけど

ネットで契約する格安SIMの場合本体ってどうなってるの?

と迷うことと思います。

心配ご無用、格安SIMでも大手キャリアと同じように

本体と契約セットで買えます、

(今回は楽天モバイルを例にして解説します。)

このように製品+プランセットかSIMカードのみか選べます。

本体セットの場合、大手キャリアのように

分割払いで毎月の通信料に加算、といった方式ができます、一括購入も可能です。

ただこの本体セット、モノは大手キャリアと同じなので当然なのですが、

少々お高い

せっかく大手キャリアの支配から脱却したのに

お高い本体代を毎月支払うのか、

これでは前と同じではないか!

とまあ実際は通信料が安いのでそれほどでもないですが

毎月本体代が積まれているのはなんかイヤ。

じゃあ一括かというと、ちょっと抵抗のあるお値段、

ていうかラインナップが微妙

どうすんのよ、といえば答えは

Amazonか楽天で買う

ということになります。

スマホ本体は通販で買える

スマホ本体はAmazonや楽天で買う事ができます。

通販で本体買って、届いたSIMカード挿すだけで普通に使えます。

むしろSIMカードなくても実はスマホって使えたりします、

ただしWi-Fi環境が必要。

SIMカードを挿すことによって電話が使えたり、どこでも通信出来るようになるわけですね。

まあそこはさておき、個人的は本体は通販で買う事をおすすめしています。

通販で買うと

  • 好きな機種を選べる
  • 本体ラインナップに縛らせないでキャリアを選べる
  • 通販サイトのポイントが使える、貯まる
  • 買い替えが気軽にできる
  • 安い

ぱっと思いつくだけでこれだけの利点があります。

順番に見ていきましょう。

好きな機種を選べる

誰にだって今まで愛用してきたメーカーの機種を使い続けたい

という気持ちありますよね。

格安SIM会社が扱う本体ってなんか違うというか、機能を制限した廉価版だったりするんですよね。

そもそもiPhone使いたいのに取り扱ってなかったり。

その点通販ならなんでも選べます。

長年ソフトバンク使って愛着ある人はソフトバンクの機種買えばOKです、

すでにロック解除してあるのですぐ使えます、

なんなら故障したらソフトバンクで直してくれます、

まあ保障とかないのでめっちゃ高いですが、あと場合によってはお断りされます。

周辺機器なんかもショップに行けば簡単に替えたりとお手軽ですね。

ただ各キャリアのロゴが入ったままですが、人によっては格安SIM使ってるのをごまかすのに有効です。

逆にこれがいいという人もいるので好みがわかれるところです。

本体ラインナップに縛らせないでキャリアを選べる

上でも言った通り、格安SIM会社(以下キャリア)が提供する本体ってなんか違うんですよね。

でも狙っているキャリアには欲しい本体がないけど、少し高いキャリアでは扱ってる、となると困ってしまいますよね。

通販ならまったく関係ありません。

自分の好きな機種買って好きなキャリアを選び放題です。

通販サイトのポイントが使える、貯まる

これはそのまま、贔屓にしている通販サイトのポイントが使えるので

本体が安く買えちゃいます。

しかも本体はお高い買い物なのでポイントが貯まります。

普段から通販多用している人には重要なことでしょう。

買い替えが気軽にできる

解約と同時購入だと

本体買い替え=契約更新

みたいな一大イベントですが

通販だと気軽に買い替えが出来ます。

なんか調子わるいなーとか新しいの欲しいなーと思ったら

ちょっとポチれば買い替え完了です。

安い

僕的にはこれが一番の理由ですが、

通販だとかなり安く本体を買えます。

とはいえ表に出ているのはそう値段変わらないですが

通販で

  • 一年以上前の機種
  • 中古

などを選べばめちゃくちゃ安く購入することが出来ます。

普通に買ったら6万円くらいのところを2万円に抑えることも可能です。

スマホなんて1年2年でそうスペック変わらないので2年前ので問題ないですし、

当時高くて泣く泣く諦めた機種もお安く購入できます。

そして中古といっても、ちゃんと中古屋さんがほぼ新品に修理して売ってるので全然気になりません。

2年前の中古品とかありえないレベルで安いですし、

壊れたら買い替えればいいですからね、安いからさらに気軽に買い替えれます。

なので僕は格安SIMのスマホ本体は型落ちの中古品を通販で買うことを超おすすめします。

スマホ本体を買う際のポイント

スマホ本体を選ぶときにスペックを見ると思いますが、

正直よくわからんって人多いと思います。

スペックに書いてあることってパソコン自作する人にはわかるけど

普通のユーザーには意味不明ですからね、

まあ適当に「数字高いのが良い」という考えで大丈夫ですが、

この数字がどんな役割かを理解することで、

不要なハイスペックを避けて、安くて良いものを狙って買う事ができるようになります。

Amazonでスマホをみるとスペック表にこうあります。

  • ディスプレイ
  • バッテリー容量
  • CPU
  • RAM
  • ROM
  • OS
  • カメラ
  • SIMカード

一つずつ解説

ディスプレイ

これは馴染み深い人も多いでしょう。

ディスプレイサイズと解像度が書かれています。

サイズはいいでしょう、そのままスマホの大きさです。

解像度は、HDとかフルHDとか1280×720とか書かれています。

HD=1280×720という風にアルファベットは規格名とか総称とかそんな感じです。

なので数字の方だけ見れば大丈夫です。

数字はこの画面内にこれだけのドットが書かれていますよってことで

つまり数字が大きいほど高画質

ただ最近のはあまりにオーバースペックであるため

使用目的によってはそこまで必要ありません。

SNSで画像や動画を見るのがメインなら低くてもよいです、

あれらは通信量を下げるため画質落としてありますからね。

YouTubeとか動画見るのもそんなにいらないですが、

とにかく高画質がいいというならこだわってもいいです。、

YouTubeの画質設定の最大値はFHD=1980×1080なのでこのあたりの数字を目安にすればいいと思います。

ちなみにこの数字はパソコンのディスプレイを想定してまして、

FHDはそれなりにデカいディスプレイできれいに映るレベルなので、スマホの小さい画面には過剰です。

通信量も多くかかるのでスマホでYouTube見る時は設定で画質落とした方が無難です。

つまり高画質を求める人は

  • とにかく高画質がいい人
  • 自分で撮った高画質な写真や動画を自分で見たい人

なわけです、配信やSNSは画質低いのでスマホの画質上げても意味ないんですよね。

バッテリー容量

これはそのまま、数字が大きければ大きいほど長持ちです。

今使っている機種の容量を調べて比較すると良いと思います。

CPU

これは重要、スマホの処理速度を担当する部分。

いろいろ数字が書いてあるりますが、気にするべきなのは「コア数

一つのコアで一つの処理をするので

クアッド(4)コアなら4つ同時処理をするわけですね、

ほかにはヘキサ(6)オクタ(8)デカ(10)などがあり当然数が大きいほど処理能力が優れています。

CPUはネットやゲームはもちろん、立ち上がりやあらゆるアプリのサクサク度に関係するので

なるべく高いもの、せめてクアッド以上はほしいところです。

2.2Ghz/2+1.7Ghz/2 とかは2つのコアで2.2GHz、もう2つのコアで1.7GHzで処理してますという意味、

当然数字が高い方が処理速度が速い、でもまあコア数が多いものはこれらも高いのであまり気にしなくてもいいです。

RAM

メモリのこと

アプリを開くと一時的にこのメモリ空間に展開して作業します。

なのでこの数字が低いと、アプリをちゃんと閉じずに他のアプリ使ったりした場合

渋滞してフリーズしたり、重くなったりします、

CPUが凄くてもメモリがしょぼいとあまり意味ないのでなるべく高いの選びましょう。

ちなみにアプリにメモリクリーナーというのがあるので、これ使うと一時的にメモリ空間に溜まっていたアプリを終了できるので、これで対応するのも手です。

ROM

データを保存するところ、ストレージ。

これは知っていて気にする人も多いでしょう。

とくにゲームをする人は大容量がほしいところです。

androidは以前はアプリをSDカードに保存できましたが

いつからかそれが廃止になりました。

ただでさえandroid自体に6GB とか使ってるのにROMが8GBだと2GBしか保存できません、

最近のゲームだと容量大きくてダウンロードすらできません。

写真や動画はSDカードに保存できるので大丈夫ですが

アプリはROMに保存必須なので、

アプリたくさん使いたい人はなるべく数字の大きいものを選びましょう、

8GBでは何もできないのでせめて16GBは欲しいです、

ゲームたくさんしたい人は大容量のiPhoneを選びましょう。

OS

androidのandroidOSかiPhoneのIOSかということです。

バージョンがあり、あまりにも古いバージョンだとアプリが対応せずに使えなくなります。

なのでなるべく最新バージョンに対応しているものを選びましょう。

基本的に古くてもバージョンアップできますが、

限界数が決まっていて、4年も前のモノだと最新バージョンは使用不可とかもありえます。

なるべく気にしましょう。

カメラ

ひと昔前は最も気にする要素でしたが、

今や写真はアップロードしてネット上で見る時代。

アップロードする写真は容量下げるために画質も下げますから

そんなに高性能なものは求められてはいません。

ただ写真を拡大して現像したいって人は数字が大きいものを選びましょう。

SIMカード

SIMカードのサイズです、nano、micro、標準とあります。

格安SIMカードを申し込むとき、サイズを選択します、

このサイズが合わなかったら挿せませんので重要です。

しかし、今はほとんどnanoサイズです。

こまるのは今使ってる古いスマホがmicroサイズだから、microで契約したとき

機種変更しようとしたらmicro対応の機種がないなんてことがあります。

というかmicroのスマホは古すぎるので新しいの買った方はいいです。

その他

ガラパゴス的なおまけ機能、

個人的は必要なのは防水、おサイフケータイ機能などですね、

この辺は読んで字のごとしなので説明は不要かと思います。

スマホを探そう

思ったより長くなりましたが、

以上をふまえてスマホを探してみましょう。

まずはAmazonで「スマホ 本体」と検索

いろいろ出てきます。

ふむ……

Bitly

これスペックで見るとめっちゃよくない?新品なのに異様に安いし……

とAmazonだとこういう大手キャリアでは扱っていない海外メーカーの機種が売ってます。

そりゃスマホが日本韓国中国だけで作られてるわけないですからね、

よくわからん海外製ですが結局はandroidであり日本語対応もしているので普通に使えます。

正直こだわりが無ければ、使い捨て前提でこれを選ぶのは全然ありです。

ただ僕としてはこれはダメです、なぜなら防水じゃないから。

風呂でスマホが習慣化している身としてはどうしても外せない要素……!

おサイフケータイもないですが、最近はバーコード決済が主流になってきたのでまあなくてもいいです。

海外メーカーは防水がないから困る……

そんなわけで防水とかいらんし、海外でも安けりゃなんでもいいって人はコレ選んで大丈夫です。

他にも安いのありますがROMが低いのが多いのでスペックをよく確認しましょう。

やっぱり大手キャリアが扱ってる機種の方がなにかと安心って人は

AQUOSとかXperiaとかを選びましょう。

Amazon | SHARP SIMフリースマホ AQUOS sense3 ブラック SH-M12-B | スマートフォン本体 通販
SHARP SIMフリースマホ AQUOS sense3 ブラック SH-M12-Bがスマートフォン本体ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

僕はSHARP大好きなんで、予算が許せばこれがおすすめです。

新品で35,000円、三年くらい使うならこれくらいでも許せますね。

Amazon | SIMフリー AQUOS sense3 SH-02M docomo Black | シャープ(SHARP) | スマートフォン本体
SIMフリー AQUOS sense3 SH-02M docomo Blackがスマートフォン本体ストアでいつでもお買い得。当日お急ぎ便対象商品は、当日お届け可能です。アマゾン配送商品は、通常配送無料(一部除く)。

これならもっと安くてスペックも許容範囲

もっと安いのがいいって人は中古を狙います。

中古の場合はAmazonより楽天のほうが充実してます。

楽天「スマホ 本体 中古」で検索

スペックと本体状態、SIMフリー、白ロムあたりを確認して掘り出し物を見つけましょう。

iPhoneなんかも安く手に入ります。

おすすめの格安SIMキャリア

そんなわけで本体選びは終了です。

ついでなんでここでおすすめの格安SIM会社をピックアップします。

楽天モバイル

楽天モバイルはそのまま楽天がやってますから、

今キャンペーン中のRakuten UN-LIMITに限ってですが

本体セットで買うと大量の楽天ポイントがもらえます。

本体を契約とセットで買うと最大20800円分のポイントがもらえます。

3万円の本体を買っても2万円分のポイントが返ってくるから

最新の新品本体が実質1万円⁉

さらに契約で常に楽天ポイントが2倍になるので

楽天ユーザーは楽天モバイル一択です。

ちなみに現在楽天回線に移行キャンペーンを全力で実施中ですので

楽天回線対応の機種でしか動作しませんiPhoneは11しか対応していないので

ここにするなら本体セットを買うか、対応機種をよく確認してから本体買いましょう。

そのかわり一年間無料などキャンペーンがすごいです、

今だけなので早めに決めてしまいましょう。

Y!mobile

かなり手広く展開しているのがY!mobileです。

スマホ本体のページを見ると「androidONE」とかいうのが並んでます。

これは名前は同じandroidONEですが開発メーカーはバラバラで

SHARP製だったり京セラ製だったりして、品質は信頼できます

必要最低限のスペックは満たして価格を落としているので本体セットで買っても良いでしょう。

UQモバイル

UQモバイルは通信速度が速くて人気のキャリアです。

本体ラインナップも基本は抑えています。

そして契約すると最大12,000円キャッシュバックキャンペーンをやってます。

これで本体価格を安く抑えれますので、本体をキャリアと同時購入を考えている人におすすめです。

iPhoneも売ってます。

【まとめ】格安SIM用のスマホ本体を格安で買う方法

というわけでお届けしてきました

格安SIM用の本体の選び方でした。

スマホは基本的にパソコンと同じなので

パソコンオタク目線で紹介しました。

格安SIMは通信量はもちろんですが、

本体価格も安くすませれるのでもう最高ですね。

まだ格安SIM移行の悩んでる方はほんとにその時間もったいないので

さっさと移行することを強くおすすめしますよ。

それではまた。

タイトルとURLをコピーしました