「王都の外れの錬金術師」がなかなか面白い

なろう系

こんにちは。

やること終わってないのに(〆きり近い……)なろう漁ってたらなかなか面白いのがあったので軽く紹介します。

別にレビューってほどでもなく、まだ始まって間もないのでおすすめというのもなんかなぁといった感じなのでおすすめ作品紹介と言ったわけでもないのですが、、、

タイトルは

王都の外れの錬金術師 ~ハズレ職業だったので、のんびりお店経営致します~

なにが面白いって、僕が個人的に気に入らないお約束をことごとくくつがえすアンチ作品だから。

その前に関連記事

ad




作品紹介

王都の外れの錬金術師 ~ハズレ職業だったので、のんびりお店経営致します~」は「yocco」氏著の錬金ファンタジー

いつも通りのあらすじ

私はデイジー・フォン・プレスラリア。優秀な魔導師を輩出する子爵家生まれなのに、家族の中で唯一、不遇職とされる「錬金術師」の職業を与えられてしまった。
こうなったら、コツコツ勉強して立派に錬金術師として独り立ちしてみせましょう!
そう決心した五歳の少女が、試行錯誤して作りはじめたポーションは、密かに持っていた【鑑定】スキルのおかげで、他にはない高品質なものに仕上がるのだった……!
薬草栽培したり、採取をしに行ったり、お店を開いたり。
デイジーが研究に籠ったり、お店の常連さんに手伝って貰ったりして採取に出かけたり。
色んな人(人以外も)に助けられながら、ひとりの錬金術師がのんびりたまに激しく生きていく物語です。

こんな感じ。

さて、なにがアンチなのかですが……

追放、、、されない!

タイトル通りこの作品、最近乱造されまくってる

ハズレスキル引いちゃって仲間や家族に追放されちゃうけど実はチートスキルで無双する」系です。

あまりに溢れすぎランキング上位でもこれはどうだろう、って作品が大量にあります。

もうタイトル見ただけで読む気が失せるのですが、女主人公で恋愛カテゴリーじゃないのは貴重なのでとりあえず読んで見ました。

序盤はテンプレの5歳の誕生日に適正ジョブ検査があり、有名な魔導士家に生まれた主人公が錬金術師と判明した場面。

さあ追放か、と思ったらなんと追放しない……⁉

大切な娘を変わった職業だからと追放するわけないじゃないかとお父様。

そりゃそうだ!

いやまったくもってその通り、みんなポンポン追放し過ぎである。

この点だけでもう僕的に高評価、追放系は納得いかない理由で取りあえず追放するのが多く結構ストレスでした。

特にスキル判明したら即家から追い出される系。

その後実家がどんどん落ちぶれていくの見てらんない、親とは和解して欲しい派。

その点この作品はいい両親に囲まれすでにハッピーエンド感、優しい世界、ものすごく納得させられました。

実はチートスキル?もちろん能力隠……さない

はいこれ。

主人公は鑑定と錬金術という最強シナジーによりチート級幼女となりました。

よくあるものでは能力を隠し、窮屈に生きていくものですがなんとこの主人公、フルオープンです。

ブラボーブラボー、無意味に能力隠す奴は滅べと常に思っている僕としては大絶賛。

と言っても両親や国の上層部だけで一般には秘密です、まだ幼女なのでさらわれるから。

でも町が襲われたら隠すことなくその能力を発揮します、

これだよ。

これこそが納得のいく行動だよ。

力を晒すことで家の中でものびのび錬金術をし、

上層部に力を示すことでがっちり保護。

市民を救うことでみんなに保護され愛される。

これが普通よ、力を見せたら国を追われるとか貴族に殺されるとかなんなの?

その力で味方増やして思いっきり力ふるいなさいよ。

その点この作品は完璧、ブラボー。

身分差

主人公は一人で手が回らないので助手を探します。

そこで見つけたのが平民の少年。

鑑定スキルをもっていたけど虐げられていたので拾って家の使用人にします。

ここまではよくあるパターン、王道、男主人公が女奴隷救って仲間にする行動の女版といえます。

ここで僕に緊張走る。

やばい、僕の嫌いな「馴れ馴れしい態度の平民キャラ」が出てくるのか⁉

この主人公だと気安い言葉使いを許してしまうに違いない!

僕はああいう馴れ馴れしい平民キャラが大嫌い、手下キャラなら主人には敬意をもった言葉使いをしてほしい、ましてやそいつと恋愛関係となったらその時点で離脱必至、身分差はその世界観に合わせ軽々しく超えるものではないというのが信条。

案の定この平民は馴れ馴れしく名前呼び捨て敬語なし、主人公はそれを気にしない。

うわぁ、と思いましたね、魅力半減です。

フ、所詮この程度か、と評価を改めようとしたその数話後、

家の執事長に怒られ再教育のため連れ去られて行きました。

そして一言、「将来独立するお嬢様に従うならその態度はダメ」

ブラボーまったくその通り、気安い平民キャラはほんと世界観壊す存在だから消えて頂きたい。

とここでも僕は「納得」させられてしまいました。

微妙な点もあり

ここまで絶賛して、ここまで趣味の合う作者さんもいないと思いましたが、完璧な一致などあるはずもなく、当然この作品にも微妙な点、ツッコミどころな点があります。

  • 転生者じゃない

アンチ心に溢れた作者だからかこの主人公は転生者じゃありません。

そこはいいんです、いいんですが、この主人公5歳のくせに頭良すぎです、転生者並の頭脳で完璧な言葉遣いをし、高度な計算をします。

いやいやこれはない……5歳てまだ小学生にもなってないよ、もう転生者でいいじゃん、おかしいよ……となりました。

この点は納得出来ません、まだ話数の少ない今のうちに年齢を上げるか転生設定を付けるかしてほしいところ。

追記:なんと転生者設定が追加されました、現代日本からじゃなくて現地人の15歳少女からの転生。これで違和感が大分なくなりました。

  • お店経営するんか……

追放もされず、国にも認められていて、貴族なのに主人公の夢は独立して個人アトリエを持ち経営すること。

う~~~ん……

たくさんの人を救うために店を開いて薬を売る、まあいいんですけど、

貴族なんだから領地を貰って広い土地で薬草を育てて、領民と一緒に薬作ればよくない?その方がいっぱい人救えるよ?

もうすでに王室御用達となり高品質すぎて平民には絶対買えそうにないんですが……今後タダで配ったりするんやろか、そういう展開良くないと思うんやが。

この辺も納得し辛いですね、まあまだお店持つほど展開進んでないですが、

是非貴族的に納得する展開にしてほしいところ。

王都の外れの錬金術師 ~ハズレ職業だったので、のんびりお店経営致します~

はい、そんなわけで紹介してきました「王都の外れの錬金術師」

ツッコミどころの多いなろう作品の逆を上手くついた作品で、深く「納得」させられる小説でした。

まあ趣味嗜好は人それぞれなんで僕が気に入らない展開も好きな人は好きだと思うのであんまり言うのもあれですが。

この作品はほんとストレスフリーです、チート能力持って無双するだけがストレスフリーではないです、

読者がこの展開おかしくね?と引っ掛からないことこそが真のストレスフリーなのです。

この作品読んだらいろいろなストレスがスッと溶けていきました、

まあまだ序盤なのでこれから先どうなるか分からないですが、このクオリティが続くなら書籍化間違いなしなので全力で応援させていただきます。

というわけで今回はこの辺で。

ではまたノシ

タイトルとURLをコピーしました