【おすすめなろう小説】海乃海 水面が揺れる時【レビュー】

なろう系

こんにちは。

今回も小説家になろうで発見した書籍化済みのおすすめ小説を紹介します。

今日ご紹介するのはこちら


淡海乃海 水面が揺れる時~三英傑に嫌われた不運な男、朽木基綱の逆襲~ (TOブックスラノベ)

重厚すぎる戦国転生もの

ad




内容紹介

海乃海 水面が揺れる時~三英傑に嫌われた不運な男、朽木基綱の逆襲~」は「イスラーフィール」氏著の戦国サバイバル戦記

イラストは「碧風羽」氏。

まずは公式あらすじ

一五五〇年。足利将軍家が三好家に追放され、室町幕府の崩壊が始まった歴史的な年。
近江にある小領地・朽木にわずか二歳にして当主へ就任した少年がいた。
その名は朽木基綱【竹若丸】。実は歴史好きな現代日本人の生まれ変わり。
天下布武に想いを馳せる彼の前には、財政難、人材不足、狡猾な他領の計略など数々の試練が襲いかかる。
だが、歴史を知る基綱は屈しない。圧倒的な知識と交渉術、豪胆さを武器に乱世を駆け抜けていくのだった。
史実に埋もれた、稀代の軍略家が日本史を塗り替える!
信長、秀吉、家康の三英傑を救った唯一人の戦国武将・朽木基綱の生涯を、大胆に描く大河ドラマ誕生!

はい、戦国時代に転生してだれの部下にもならず、主人公が当主として領地を広げ天下統一する系の話です。

ただしメジャーどころの、織田家の親族とか秀吉ポジションに転生とかではなく、近江(滋賀県あたり?)の朽木家というマイナーもマイナーな家に転生。

戦国転生ものは割と読みましたがそんなやついたっけレベル。

そんな地方スタートからじりじりと勢力を広げていく気の長い、しかし読み応えたっぷりの戦国戦記ものとなっています。

転生者がいるから戦国IFとは違うかな?

とりあえず初めに、副題の「~三英傑に嫌われた不運な男、朽木基綱の逆襲~」という部分。

これ全然合ってないんですけど……三英傑(信長、秀吉、家康)に嫌われてもいないし、別に復讐でもなんでもないんですけど(・・?

あ、史実の話かな?Wikipediaによると確かにこの三人に仕えてしたたかに戦国時代を生き残ったようだけど、嫌われてたの?信長には追放されたようだけど。

そもそもマイナーすぎてタイトルに書かれても全然興味そそられないんですが、、、

ということで特にWeb版からのファン首をかしげる部分なので、新規の人はこの部分はなかったものとして見てください。

さて、読んだの結構前なので若干うろ覚えですが内容紹介。

主人公の朽木元綱は父が戦死したためわずか2歳で朽木家当主となります。

うろたえる家臣たちを一喝し敵が迫るなか見事に家中をまとめ上げます、2歳なのに。

史実でも2歳で家督を継いだようですが、ここまでするはずもなく。

つまりこの主人公、2歳にして自重することなく喋りまくり、さらには惜しげもなく知識チートを使い(ただしこの時代に出来る事は逸脱しない、というよりできない)この戦国時代を生き残り、朽木を誰にも負けない国にしようと立ち上がります。

とりあえず周囲に舐められない程度に国を富ませて織田さんに下ろうかなと商売を始めたり産業を起こしたりと内政手腕を発揮します。

ちなみにこの人の前世は結構な高齢、人生の終わりに歴史系なろう小説でも書こうかなと思ったら転生してた。

軍備を強化し、有能な部下を集め、お約束の忍者を仲間にし、商売も順調、金もあるので将軍とか帝に山吹色の菓子を送って便宜を図ってもらうなどと少しずつ国を強化していきます。

そうなってくると当然他の国から狙われるようになり、その度胸と知恵で勝ち抜き、領土を逆に奪い、山奥の田舎も田舎だった朽木谷をどんどん発展させ、そのせいでまた襲われるけどまた倒して、

と非常に泥臭くこの戦国時代を駆け上ります。

転生者だけど主人公はそれほど強いわけでもないので、武力だけではなく、政略や金、同盟など賢く立ち回り、当然他国の思惑とか様々な視点が入り乱れ、まさに壮大な大河ドラマといった様相。

とにかくクオリティが高く、物凄く引き込まれます。

転生ものにありがちな妙な軽さが無く、ガチ戦国ものにありがちな脳筋展開も無く、重厚で、知的な戦国転生もの、これは素晴らしい。

重厚といっても暗い展開やきつい戦闘が続くというわけではなく、キャラクターや世界感がよく練り込まれているといった感じ。

戦で無双して敵を切りまくるという話ではないのでアクションものを期待している人には向かないが、自国を成長させていくシミュレーション好きな人には刺さりまくることでしょう。

戦国ものは好きだけど転生とか舐めてんのかって人は是非読んで頂きたい作品です。

キャラクターについて

https://images-na.ssl-images-amazon.com/images/I/616m-VhX5LL._SX349_BO1,204,203,200_.jpg

朽木元綱 主人公 幼名竹若丸。転生者、結構長生きした後に転生したためもの凄い落ち着いているうえに度胸もある。武術は並だが知恵とコミュ力で頑張って戦国サバイバルを生き抜く。史実の基綱は活躍はするけど評価されない不幸な人だったらしい。顔は平凡。

朽木家 祖父や叔父、従兄弟など最初期から付いてきてくれる大事な一家、父は初っ端で死亡。2歳でありながら知的に家を取り仕切る主人公に驚きながらも、しっかりと当主として認めしたがってくれる。

黒野重蔵影久 忍者 主人公に絶対の忠誠を誓う忍者。だいたいの小説でもそうであるようにとんでもなく優秀。彼率いる偲び衆は基綱に「八門」という名前をつけられめっちゃ大事にしてる。

足利義輝 将軍 三好とよく喧嘩して朽木家にしょっちゅう逃げてくる御仁。気を使うしお金も使うし面倒な存在だがコネはすごい。

六角家 近所のデカい国 逆立ちしても勝てない国だったが、力を付けていくうちに実力を認められ、家臣の平井家から小夜というお嫁さんをもらうまでになった。

三好家 近所のデカすぎる国 初期から立ちふさがる好敵手。この家に睨まれないようにうまくやり過ごしながら国を強化しよう。

本願寺 戦国もののお約束な厄介なもの、とりあえず潰したい。

織田信長 今後どうなるかわからないから取りあえず支援して友好関係結んでおく、甘いものが好きなので新商品開発したらとりあえずおすそ分けする仲。

飛鳥井家 母方の祖父 朝廷の准大臣。このコネを使って朝廷とも友好関係を結ぶ。

記憶が曖昧なうえに名前が漢字だらけで覚えにくい、そして登場人物がとんでもなく多いのでざっくりと紹介。名前は憶えていないが出てくると不思議とこういうキャラだったとわかるのが凄い。

淡海乃海 水面が揺れる時

そんなわけで紹介してきました「淡海乃海 水面が揺れる時

現在7巻まで発売中


[まとめ買い] 淡海乃海 水面が揺れる時~三英傑に嫌われた不運な男、朽木基綱の逆襲~

コミカライズ版も出てます。


淡海乃海 水面が揺れる時 コミック 1-4巻セット [コミック] もとむらえり; イスラーフィール

漢字多めの戦記モノは漫画化されるといろいろ描写のイメージが補完されるのでほんと助かる。

クオリティの心配も問題ないです。

そしてなんと別ルートを描いたIFストーリーもあります。


異伝 淡海乃海~羽林、乱世を翔る~一【電子書籍限定書き下ろしSS付き】

こちらは主人公が当主にならずに公家として生き、信長とがっつり手を組んだらどうなるかという話。

こっちもしっかり面白い。

ちなみに現在まだ未完だがWeb版の更新は止まっている(でも外伝は更新されている)

エタったわけではなさそうだが……?書籍が売れてしっかりと熱心なファンも着いたから書籍オンリーに移行した可能性も無きにしも非ず。

べつにそれはそれでいいんですが、書籍が追いつくまで先が読めないのが辛い、ほんと辛い。

というわけで今日のところはこのへんで。

ではまたノシ

タイトルとURLをコピーしました